酉の市 とは
  • 江戸三大酉の市・2020年の基本情報!
  • 駐車場情報を地図でわかりやすく!
  • 熊手の意味と価格と、買うときに絶対はずせないポイントについて!

江戸三大酉の市とは、実は元は大阪発祥のお祭りです。

関東に伝達して発展した酉の市は、いつしか江戸名物として数百年の歴史を誇る大きなお祭りに。

今回はそんな酉の市の詳細と、ご利益のある人気の熊手の買いかた詳細を、お伝えいたします!

酉の市とは?

酉の市とは、毎年11月の酉の日に行われる「鷲(おおとり)神社」(大鳥神社)のお祭りです。

その年によって2回・3回と回数が違い、順番に「一の酉・二の酉・三の酉」と呼びます。

酉の市の発祥である神社は、大阪にある大鳥大社

ですが、現在は「酉の市」は、関東地方を中心とした様々な神社で行われています。

また酉の市の一番の特徴は、「熊手」の販売です。

通常のお祭りにある露店では中々見ることのない「熊手」が、酉の市の催される境内の露店で多数、売られているのです。

この「熊手」とはどんな物なのか気になりませんか!?