世田谷の羽根木公園の梅まつり2020!餅つきと梅大福情報も!

東京のど真ん中にある羽根木公園の梅まつりは、毎年サービス旺盛に盛大に行われているため大人気。今回は特に、お子様連れの梅まつりの楽しみ方をまとめてみたので、参考にしてください!

羽根木公園(はねぎこうえん)の梅まつり

  • 正式名称:第43回せたがや梅まつり
  • 開催期間:2020年2月8日(土)~3月1日(日)
  • 開催時間:10:00~16:00
  • 本数:約650本
  • 住所:東京都世田谷区代田4-38-52
  • 主催:せたがや梅まつり実行委員会
  • お問い合わせ:【世田谷区役所・北沢総合支所地域振興課】03-5432-3333
  • アクセス:【小田急】梅ヶ丘駅・徒歩5分、世田谷代田駅・徒歩10分【京王井の頭線】東松原駅・徒歩7分

>>羽根木公園周辺のホテルランキング

>>羽根木公園周辺のイベントランキング

駐車場情報

羽根木公園には、専用駐車場はありません。しかし周辺には有料駐車場が沢山あるので、簡単な情報を載せておきますね!

①パークジャパン代田第14駐車場

  • 収容台数:9台
  • 料金:【全日】60分・200円、12時間最大・1,000円

②タイムズ代田4丁目

  • 収容台数:3台
  • 料金
    :【8:00~19:00】30分・220円、最大料金・1,100円
    :【19:00~8:00】30分・110円、最大料金・440円

③リパーク代田4丁目

  • 収容台数:5台
  • 料金:【全日】40分・200円

羽根木公園の混雑状況

羽根木公園の梅まつりでは、やはり平日よりも土日に混雑することが多いです。

土日中心にイベントが開催されることと、週末にレジャーシートを敷いてのお花見団体客が増えることから、週末の混雑は覚悟しておきましょう!

混雑回避の方法

羽根木公園の梅まつり、混雑回避方法。
  • 平日に行く!
  • 朝早くに行く!
  • 夕方に行く!

羽根木公園の梅まつりには、土日ではなく、なるべく平日に行くようにしましょう。特に小さなお子さんに梅の花を見せたい方や、近くにお住まいの方であれば、スペースに余裕のある平日が断然おすすめ!

また土日しか行けない方は、できるだけ朝早く行くことをおすすめします。寒い朝よりも日中に梅観覧の観光客が増えることから、朝は意外と空いているんですよ!

そして夕方以降になると、日中よりも人出が少なくなるのでおすすめです。子連れではない、カップルやご夫婦だけで梅鑑賞する際は、夜の梅が幻想的で、意外と好評なんですよ。

羽根木公園の梅!開花・見頃時期について

羽根木公園・梅の見頃は、例年2月中旬~3月上旬!

梅の木と言っても1種類だけではなく、60種類以上(紅梅:270本、白梅:380本)もの梅の木があり、それぞれ開花時期が違います。

早咲きは1月中旬頃、遅咲きは2月末頃に咲き始めるんですよ!

特に一番多くの種類を見られるのは、2月中旬~下旬にかけてと言われています。この頃はイベントも多く開催されるので、梅の花鑑賞する一番おすすめの時期です!

見頃時期でイベントも多いとなると、混雑すること間違いないのですが…たとえ混んでたとしても、やっぱり梅を囲んでの賑わいは情緒が伴い、デパートなどの混雑とは違った感想が味わえるんです。