日本には、桜よりも人気のある花見があるって知っていましたか?

お花見といえば桜と思っている方、多いですよね。

 

けど、桜の旬は早く、しかも野外で過ごしやすい気候のせいか、わずか1週間くらいの短い開花時期に、大勢の人が押し寄せます。

 

それはそれで日本の風物詩…。

けどやっぱり、余裕をもった花見を、日本古来のようにゆっくりと楽しみたい…。

そんな方には「梅まつり」が一押しです!

蓮

梅っていいですよ。

桜もそうだけど、なんか「畳」とか「床の間」とか「掛け軸」とか「わびさび」っていう、日本の情緒をたっぷりと感じることができます。

梅を見ることで、自分の中に流れる、わびさびを愛する日本人としての心が蘇るんですよ。

 

年に関係なく、こうした日本人風情に感動する心を子供たちにも教えるべく、毎年必ずどこかの梅を堪能しに、子連れでお出かけしちゃいます。

 

梅まつりを「大人のイベント」と思い込んでいる方。

今年はぜひとも子連れでの梅まつりを堪能してみてください。