六義園の桜【2020】ライトアップと混雑回避法&見頃はいつ?

駒込の六義園のしだれざくらは、世界の名景としてもしられています。

 

江戸時代・5代将軍徳川綱吉の側近だった柳沢吉保の下屋敷跡として、

現代では都民の憩いの場として親しまれている六義園。

 

六義園のライトアップされた幻想的なしだれざくらの世界にいると、

江戸時代…いや、平安時代までも時間が巻き戻ったかのような錯覚を覚えます。

 

その感動は、大和魂だけが感じるものではありません。

毎年海外からも多くの観光客が、短い花の満開期を狙って訪れるからです。

しだれざくらも必見だけど、私は奥の庭園がお気に入り!も~たまらん!って風情なんですよ。