ハロウィンイベント東京【2019】ハロウィン由来と仮装の意味も!
  • ハロウィンイベント、東京のどこである?
  • 2019年のハロウィンイベントの詳細まとめ!

最近の子どもってハロウィン大好きですよね。我が子たちも仮装大好きですよ。

私の頃は、なかったわ~w時代は変わったもんです。

仮装×お菓子っている、ミラクルなコラボに子ども大興奮のハロウィンイベント、年を追うごとに活性化している気がします。

欧米化…というよりは、子どもの喜びに比例してる感じですよね。

以下に東京で行われるハロウィンパーティーやイベントをまとめてみました。

我が家は今年は、長男が卒業、次男はキルアで、どこかのイベントに参戦予定です。

ハロウィンとは?

ハロウィンの起源と由来”]

  • ハロウィンとは、10月31日に行われる、キリスト教『万聖節』のお祭りである。
  • ハロウィンの起源はケルト人。
  • ケルト人にとって10月31日は1年の最終日(大晦日)である。
  • ハロウィンの夜には死者の魂がこの世に戻ってくる。
  • ハロウィンは、ケルト人が秋の収穫祭と、死者の悪い霊を追い払う日である。

ハロウィンでなぜ仮装をするの?

そもそも、ハロウィンってなぜ仮装をするのでしょうか?

「ハロウィンは、日本で言うお盆のようなものだ」ってのはずっと聞いていたけど、日本人はお盆に仮装なんかしませんよね。

なすとキュウリに足をつけるくらいです。

ちょっと疑問に思ったので、ハロウィンに仮装する理由を調べてみました。

ハロウィンイベントに仮装する理由

悪い霊に、あの世に連れて行かれないため、自分も霊のふりをするため。

悪い霊に魂を連れて行かれないために、霊のふりをする。

…だから、黒い帽子とかジャック・オ・ランタンの仮装が多いんですね!

ハロウィンにかぼちゃを怖くくりぬく理由は?

ハロウィンイベントに欠かせない、かぼちゃをくり抜いたお化けみたいなのは何?

って思いませんか?

あれは「ジャック・オ・ランタン」といい、ジャックという人物にまつわる伝説から生まれたものです。

ハロウィンのかぼちゃの伝説

ジャックは生前、大酒のみのどうしようもないやつ。

あるハロウィンの夜、悪い霊に魂をとられそうになったジャックは、霊をだまして魂をとらないと約束させます。

その後寿命で死んだジャックは、生前の悪い行いから天国にいけずに地獄へ。

地獄へ行くと、昔自分の魂を取りに来た悪い霊と出会います。

その霊は、生前のジャックとの約束を覚えていて、ジャックの霊を「とらないと約束した」といい、地獄にも入れてくれません。

天国にも地獄にも行き場のないジャック。

仕方なく、地面に落ちていたカブをくり抜いた中に魂で入り、この世をさまようこととなりました。

かぼちゃをくり抜いて、ハロウィンの夜に飾りまくる理由はよくわからないまま笑。

ハロウィンパーティーで昔、かぼちゃをナイフでくり抜いて、中にろうそくをともしてもらうってイベントの制作に参加したことがあります。

上手にナイフでかぼちゃをくり抜いて喜んでいたけど…あれはどこかのジャックっておっさんの魂の入れ物をせっせと作っていたってことかwww

けど、ハロウィンの由来でもある「霊」としての雰囲気は十分に感じさせてくれるし、楽しめたからOKです!

ハロウィンイベントを子供が喜ぶ理由!

クリスマスやひな祭りに鯉のぼり祭りに七夕イベント、そして夏は花火大会と、年間を通して子供が喜ぶイベントはたくさんあります。

その中でも、最近急に人気急上昇なのは、10月のハロウィンイベントです!

アラフォーの私もそうだけど、もっと年配ママはとまどいますよね。

ハロウィン?亜米利加(アメリカ)かエゲレス(イギリス)のお祭りかい…?