9月1日は何の日&誕生日の有名人は?防災の日になった理由も!
  • 9月1日は何の日?
  • 誕生日の有名人はだれ?
  • 防災の火になった理由は?

私が子どものころの9月1日といえば、夏休み明けの避難訓練の日。2学期はしょっぱなから避難訓練があるって、当然のことでしたよね、昔は。

でもなんで9月1日って避難訓練だったんでしょうか?

その理由を調べるうちに、「おや?9月1日面白い!」ってトリビアを幾つか発見したので、あわせてご紹介いたしますね。

9月1日は何の日?

小学生や中学生の頃は、9月1日というと避難訓練でしたよね?そう、9月1日は防災の日。

しかしそれだけではありませんでした。

昔から9月1日には、防災の日、以外の意味があるんです。

それもなんと6個も!

以下にその6種の、9月1日の意味をご紹介していきます。

①二百十日(にひゃくとおか)

9月1日は、立春から数えて210日目の日。(うるう年には8月31日が立春から210日目になるなど、ずれることもあります。)

210日目だからなんなの?って思いますよね。

立春から210日目は昔から、「風の多い日」「台風の日」などと言われています。

確かに毎年8月下旬~9月中旬に台風が襲来することが多いですよね。

けど、気象庁などのデータによると、特に「9月1日が多い」ってこともなさそうです。

むしろ期間内にしては少ないほうとも。

蓮

 2学期早々台風襲来で学校がお休み…ってあまり記憶にもないですもんね。

ならどうして9月1日=二百十日と呼ばれてきたのか。

それはやはり台風が関係していました。

9月1日の時期は農作物の収穫時期。台風や強風などの天候の悪化によって、様々な影響が出てしまいます。

9月1日を二百十日と呼ぶ理由

このことから、農作物が天候の変化に左右されないよう、農家への注意喚起として、制定されたようです。「9月1日=二百十日」と呼んで来たのは、「この日、作物がやられないよう気をつけて!という呼びかけの意味がこもっていたのです。

沢山の農作物を栽培している農家さんだけではなく、近年では家庭菜園をされる方も多くなってきました。

二百十日である9月1日は、自家野菜を育てている人は作物に気を配ってあげてくださいね。

②防災用品点検の日

 

防災アドバイザーの山村武彦さんが制定。

「9月1日には、家においてある防災用品をチェックする日にしましょう」ということです。

ちなみに9月1日の他にも、季節の変わり目と言うことで3月1日、6月1日、12月1日も同じく防災用品点検の日です。

 

この日やる事といえば…

 

9月1日におこなう防災用品の確認項目

  • 家に準備している非常用の飲料水や食料などの賞味期限を確認
  • 懐中電灯などの電池確認
  • 消火器の使い方を確認
  • 家族(特に小さいお子様)の避難経路を一緒に歩くなどして確認

 

我が家では、普段は普通にご飯を炊くけど、

この日だけは非常食に買っておいた「さとうのごはん」とかの賞味期限が切れそうなものを食べてしまいます。

 

③くいの日

東日本基礎工業協同組合が、9月1日=くいの語呂合わせからくいの日と制定。

 

「くいの日」とは、基礎工事現場での殉職者の慰霊、基礎工事の安全祈願を行う日です。

 

「くい」とは、簡単に言うと地中で建物を支える柱のこと。

「悔い」ではありません。